コリントの教会への手紙Ⅰ15章12-20節「復活の命、信仰・希望・愛」2008年9月19日 癒しのミサ 東京

15:12 キリストは死者の中から復活した、と宣べ伝えられているのに、あなたがたの中のある者が、死者の復活などない、と言っているのはどういうわけですか。
15:13 死者の復活がなければ、キリストも復活しなかったはずです。
15:14 そして、キリストが復活しなかったのなら、わたしたちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄です。
15:15 更に、わたしたちは神の偽証人とさえ見なされます。なぜなら、もし、本当に死者が復活しないなら、復活しなかったはずのキリストを神が復活させたと言って、神に反して証しをしたことになるからです。
15:16 死者が復活しないのなら、キリストも復活しなかったはずです。
15:17 そして、キリストが復活しなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中にあることになります。
15:18 そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。
15:19 この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。
15:20 しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。

今日の第一朗読ですが、使徒パウロのコリントの教会への手紙のⅠコリントですね、Ⅰコリントの15章のところの朗読だったんですが、その、コリントの教会のひとつの問題は、死者の復活が無い、ということを言っていた人たちがいた、というふうに言われているんですね。この、根本的な問題は、キリストが復活したということを否定することになってしまう、というふうに、パウロが言っているわけですが、これは確かに私たちも問わなければならないことだと思うんですけれども、私たちはイエス・キリストを救い主として信じてるわけですが、じゃあ、イエスのなにを信じてるのか、と言ったらですね、一番根本なのは、根本的だと思うのは、イエス・キリストが復活した、ということを信じてるかどうかということがけっこう大切なポイントなんですね。

つまり、イエス・キリストっていう人が十字架にかかったっていうことは、信じても信じなくても事実なんですね。歴史的な事実なんです。あるいはイエスが生まれたあるいは人間として生きてたということは事実なので、それは誰も否定することができないわけですが、でも、イエスが救い主だ、イエスが私たちにとって、私たちを解放してくださる方だということは、イエスが復活して、というところからきてるわけですね。だから私たちは復活を心に刻まなければならないと思うんですね。というのは、やはり…もちろん、ここに集まってる方々は何らかの意味で、苦しみというか、病気を背負っているというかですね、まあ、感じたり、苦しみがあるわけですが、本質的なのは、私たちにとっては苦しみではないわけですよね、イエス・キリストが復活して、私たちを救ってくださっているという、その根本的なところを、私たちはやはり心に刻みたいと思います。ただ、もちろん、なんていうか、この世で生きている以上、様々な苦しみがあるのはもちろん、それはそうなんですが、でも、苦しむところに本質は無い、ということですね。私たちは、神の恵みと救いに与っていくというところが本質的なことで、で、それを私たちは信じている、ということですね。だからイエスが復活したということがあるから、私たちも復活の命に招かれている、そして復活の命というのは、苦しみも悲しみもない、神との本当の交わりですね、そこに私たちが招かれているという、それをやはり、深く、心に刻みたいと思うんですね。なにが永遠なのかと言えば、復活した命が永遠である、ということですね。私たちの苦しみは、ひとときの、ある一時期の、だけのものでしかないということですね。苦しみが永遠に続くということはありえない。苦しみはいつも終わりがあって、ひとときのことである。で、その先にあるのは、やはり、復活の命、それに私たちは今も与っているわけですけど、今から始まって、その命がより豊かになるように、その、希望のうちに生きてるということですね。だから、イエスの復活を信じるということで、もうひとつ大事なことは、私たちには希望が与えられてるということですね。希望というのは今はまだ実現していないかもしれないけれども、でも、将来、確実に実現するという、そういう確信があるから希望がある、ということなんだと思いますね。苦しい時は当然絶望してしまったり、もう、だめだ、と思ってしまったり、あるいは、なにかまあ、自暴自棄な気持ちになってしまったりとか、希望をなくしてしまうわけですよね、あまり苦しみが強くなった時には。でも、それはキリスト教の根本的なものではない。私たちは信仰と希望と愛に、それが神様との関係で決定的だということですね。私たちはイエスの復活を信じることによって、私たちは希望を抱くことができる。そしてその希望は、揺らぐものではない。その希望こそ、私たちの、本質的な、生き方の根本にあるということですね。それをいつも心に刻みたいと思います。だから私たちクリスチャンは、がっかりして生きる必要性…必要性っていうか、だれも必要だと思ってやっている人はいないけど、まあ、がっかりすることもある、事実で認めなければならないけど、ただ、がっかりするところに、本質はない。私たちの本質は、希望していくところにあるわけです。それを心に刻みたいと思います。今日の福音書の方は、悪霊を追い出して病気をいやしていただいた何人かの婦人たちが、イエス様と一緒に旅をしてるわけですよね、たとえば、七つの悪霊を追い出していただいた、マグダラの女と呼ばれるマリア、マグダラのマリアですね、他に何人かでてるんですが、彼女たちもいろいろ苦しんでる時期があったわけですね、イエスに出会う前は。でも、イエスに出会って、病気をいやしていただいて、悪霊を追い出していただいて、そして今度はイエス様とともに奉仕する生き方に呼ばれて、愛に生きてるわけですよね、今度は。彼女たちは自分の持ち物を出し合って一行に奉仕していた、奉仕していたというのは、愛に生きていたと言えるかもしれない。だから私たちは信仰と希望を持って、そして、私たちはやはり救われつつ、救われながら、愛に生きるように呼ばれている。信仰・希望・愛が私たちを特徴づける根本的なことだということですね。それを今あらためて心に刻みたいと思います。そして苦しい時にこそ、主を信じるということと、復活をほんとに希望するということ、そして、ほんとの意味で神の愛をいただき、そして愛をわかちあっていただく、まあ、そのような生き方に、私たちが、なんというか、歩んでいくことができるように、このミサの中で互いのために祈りたいと思います。

Share Button