以下の資料をご覧になりながら意識の究明を英師のガイドの録音で行うことができます。
意識の究明は、一日の終わりに15分くらいかけて行うのが良いでしょう。

1 心を整える(感謝)
*まず呼吸を整え、祈りの心を整えるようにする。
*今日一日を過ごせたことを、神の感謝し、その心で究明に入る。

2 光を求める
*今日一日を神の目でふりかえることができるように願う。
*単なる反省や自己分析に終わらないように、聖霊の照らしを願う。

3 ふりかえり
① 今日一日、心が動かされたことはどんなことだっただろうか。
  *ポイントを決めて:例えば、家族のことについてなど。
  *それをノートに書き出してみてもよい。
② 心の動き・考え・思いなどをゆっくり味わってみる。
③ その中で、何か気づくことがあるだろうか。

4 対話
① そのことを通して、神は何を伝えたかったのだろうか。
   神の視点から見て。その出来事の意味を噛み締めてみる。
② 私の方から、「ありがとう」・「ごめんなさい」などの言葉で神に伝える。
   あるいは、今の素直な思いを自分の言葉で神に祈る。

5 願い「お願いします」
*明日に向けて、必要な恵みを具体的に願う。
*恵みを願う意向で、主の祈りを唱えて終わる。

Share Button