第6回 短い聖句を唱える祈り-1 射祷(しゃとう)

前回は少し難しかったかもしれないので、今回はシンプルな祈り方を紹介したい。

祈りには口祷(口で唱える祈り)と念祷(心の中で思いめぐらす祈り、前回の黙想など)があるが、

口祷の中でも最も単純な祈りを説明したい。

簡単なので、すぐに実践してみたらどうだろうか。

1.射祷(しゃとう)

カトリック教会で、「射祷」と呼ばれる祈り方である。短い祈りを口で唱える、ただそれだけである。

例えば、「主よ、来てください」、「マラナタ」、「わが神、わが主よ」、「み旨のままに」、「主よ、あなたを愛します」、「聖霊、来てください」「イエス、助けてください」、「マリア、祈ってください」などである。

いつ、どこででも、心に思いが浮かんできたとき、心の中ででも、口に出してでも唱えることができる。自分の思いを短い言葉に込めて、まさに矢を射るように、神の心に直接訴えかけるのである。

その時その時で祈りの言葉を換えてもよいし、自分なりの言葉を決めておいて、それをいつも唱えてもよい。自分なりの言葉がだんだんと決まってくることもある。祈るときにはいつもその言葉が出てくるという人もいるだろう。

自分のことをふりかえってみると、食前や食後の祈り、あるいは聖堂で聖体訪問をしたときに、自然と出てくる定型句は、「主よ、み心のままになりますように」が多いように思う。それは無意識的にいつも出てくる祈りの言葉である。

そのような射祷は、実に単純で時間もかからない簡単な祈りである。この短い祈りに自分の思いを込めるならば、たった1回であっても、神の心に届くのではないかと思う。むしろ長い祈りをするよりも、このたった1回に心を込める方がより祈りらしいかもしれない(マタイ6,7-8)。

例えば、「わが主、わが神よ」という射祷は、復活した主イエスを前にして、疑っていたトマスが思わず口にした信仰告白である(ヨハネ20,28)。

このときのトマスの告白がまさに射祷の祈りの本質を示している。たった一言の中に、トマスのすべての思いが詰まった祈りになっているからだ。回心の心も入っているし、まいりましたという降参の気持ちも入っている。信頼の心も入っているし、これから従っていきますという決意も入っているだろう。イエスを神として、主として信じるという信仰の決断にもなっている。

さまざまな気持ちと思いが込められて、トマスは「わが主、わが神よ」というフレーズを口にしたのだ。そのような射祷をたった1回でも唱えられるとすばらしい。