履き物をお脱がせする値打ちもない

「履き物をお脱がせする値打ちもない」(使13,25)
英隆一朗

「履き物をお脱がせする値打ちもない」(使13,25)というほどの謙遜をもっていた洗礼者ヨハネ。自己卑下でも自己憐憫でもない。主イエスを前にして、己の小ささを心から悟っていた。自分を誇るかけらもない。このような謙虚さから1日を出発したい。己の貧しさを正直に認めた上で、神により頼みながら。

記事URLをコピーしました