弱い時こそ強い

「弱い時こそ強い」(2コリ12,10)
英隆一朗

「弱い時こそ強い」(2コリ12,10)。疲れたり、弱っている時、すべてを投げ出したくなることもある。でも、パウロはそういう時こそ、キリストの力が働き、強くなることができるという。弱っている時は、自分に頼ることができず、ただ主に委ねるしかない。その弱さの中で、主の力が働く。それを信じて、今日も、困難をしっかりと受け止めながら、主の力を願っていきたい。

記事URLをコピーしました