荒野に導き、心に語りかける

英隆一朗

「荒野に導き、心に語りかける」(ホセ2,16)。町の中にいると、いろいろな用事や楽しみに囚われて、神から離れてしまうことがたびたびだ。だから、神はわざと人を荒野に導く。何もないところで初めて、神の語りかけを聞くことができる。心の荒野を大切に。神に近づくために。

記事URLをコピーしました