恵みの種を蒔き、愛の実りを

英隆一朗

「恵みの種を蒔き、愛の実りを」(ホセ10,12)。神は私たちに直接、実りを与えるわけでない。神がくださるのは、種だけ。その種を蒔いて育てるのは人間の仕事。主は実りを期待して、種を委ねられている。ホセア書では、それができない人間の愚かさを糾弾しているのだが。今日、恵みの種を蒔いて育てよう。実りを希望しながら。

記事URLをコピーしました