初めに言があった

初めに言があった
英隆一朗

「初めに言があった」(ヨハネ1,1)。

年の終わりの初めの話。初めが混沌であれば、私たちには絶望しか残されていない。でも、初めが言なのだから、現実がいくら混乱しようと、私たちは言に支えられて、毎日を歩むことができる。どうかよいお年を。

記事URLをコピーしました