見ないで信じる人は幸い

「見ないで信じる人は幸い」(ヨハ20,29)
英隆一朗

「見ないで信じる人は幸い」(ヨハ20,29)。もし見ることができれば、もう信じる必要はないだろう。見えないものこそ、信じるに足りるものだ。困難の中にあっても、見えない神の恵みを信じること。いずれ救いが来る希望をもつこと。まだ実現していないものを信じるから、辛い今日を生きることができる。信じて歩めますように。

記事URLをコピーしました