わずかの間現れて消えていく霧

「わずかの間現れて消えていく霧」(ヤコ4,14)
英隆一朗

「わずかの間現れて消えていく霧」(ヤコ4,14)にすぎない私たち。実際のところ、私たちの命は本当にはかないものにすぎない。はかない命がはかないものに囚われていても仕方ない。はかないからこそ、神の恵みに信頼して、1日いちにち、1つひとつをみ心に従って大切にしていきたい。

記事URLをコピーしました