死者が神の子の声を聞く時

「死者が神の子の声を聞く時」(ヨハ5,25)
英隆一朗

「死者が神の子の声を聞く時」(ヨハ5,25)。「生きよ」という主の声が響く。その声によって、命が与えられる。「十字架を担え」という声も響く。イエスの十字架を通して、復活の命が与えられる。今日、神の声を聞いて、今日の命を生きたい。

記事URLをコピーしました